形山会とは


【形山会の理念】

一、形山会は、我国の伝統文化を継承し、且つ、人間形成の上で一翼を担い、社会的に地域の安全と平和に寄与することを目的
とする。

二、人種・国籍・宗教・思想・信条および各種武術の流派を問わず、全てに門戸を開き、教授することを目的とする。

【形山会について】

無外流は江戸時代に近江甲賀郡(滋賀県)の住人であった辻月丹資茂により剣術の流派として始まりました。
やがて自鏡流という流派の居合を取り入れて成立したものが無外流居合です。
無外流は江戸時代は麹町に道場を構え、土佐藩や姫路藩にも伝わり幕末まで続きましたが、江戸の無外流はそこで失伝してしまいました。
無外流居合兵道は姫路藩に伝わっていた無外流を中川士龍先生再編・復活させ、現在に受け継がれているものです。

形山会ではこの無外流居合兵道を学ぶと共に、幕末に途絶えた江戸の無外流を復活させ、明倫無外流として再編を図るべく研究を行っ
ております。


形山会古き日本の文化や伝統を重んじ、楽しい中にも厳しさを忘れず、仲間と一緒に活動しております。
また、単に武術の稽古のみに偏るのではなく、「術の中に道」を見出せるよう、即ち「武術から武道」へと行き着くことを目標としながら、
日々稽古を重ねています。

無外流居合及び剣術をメインに稽古しておりますが、現在は武術修練のみに限らず、健康維持や終生の趣味活動
共通の話題を持ったコミュニケーションの場としても、幅広い年齢層の方々が集い活動しています。

初心者の方にも、ゆっくり落ち着いて稽古できるよう丁寧な指導を心がけておりますので、一度気軽においでください。

★形山会本部道場では、季節ごとに色々な催しを開催し、コミュニケーションを持てる場としても利用しています。

・会員の誕生日会
・合同稽古・昇段審査・大会などの打ち上げ
・季節の催し物(暑気払い・クリスマスパーティー・忘年会・新年会など)
・他に、形山会企画部の思いつき(?)で、プチ旅行なども行っております。

【主な稽古内容】

「形」「剣術」「試し斬り」の三つを、適度なバランスで稽古しております。

座技
五用(ごよう) 真(しん)・連(れん)・左(さ)・右(ゆう)・捨(しゃ)
五箇(ごか) 水月(すいげつ)・陰中陽(いんちゅうよう)・陽中陰(ようちゅういん)・響返し(ひびきがえし)・破図味(はずみ)
立技
五応(ごおう) 胸尽し(むなづくし)・円要(えんよう)・両車(りょうぐるま)・野送り(のおくり)・玉光(ぎょっこう)
走り懸り
(はしりがかり)
前腰(まえごし)・夢想返し(むそうがえし)・廻り懸り(まわりがかり)・右の敵(みぎのてき)・四方(しほう)
他 内伝五本、奥伝三本です。(奥入書受領者のみ)


剣術

無外流十訣(剣術)
獅王劍(しおうけん)・翻車刀(ほんしゃとう)・玄夜刀(げんやとう)・神明劍(しんめいけん)・乕闌入(こらんにゅう)・水月感應(すいげつかんのう)・玉簾不断(ぎょくれんふだん)・鳥王劍(ちょうおうけん)・無相劍(むそうけん)・萬法歸一刀(まんぽうきいっとう)
無外流(居合)
北斗(ほくと)・太白(たいはく)・稲妻(いなづま)・霞(かすみ)・流星(りゅうせい)
切留(きりとめ)・突留(つきとめ)・受流し(うけながし)・切上(きりあげ)・位詰(くらいづめ)


試し斬り
畳表を巻いて半日水に漬け、実際に斬り、刃筋が通っているかを確認します。
形の稽古だけでは分かりにくい「斬れる刃筋」を確実に身に付けていきます。
場合によって紙パックなどを斬って、刃筋を確認することもあります。

試し斬りの動画1(巻藁)  試し斬り動画2(牛乳パック)


inserted by FC2 system